睡眠時に口臭がきつくなる

寝てる間というのは実はもっとも口臭の原因である歯周病菌が増える時間なのです。
というのも寝てる間は唾液の分泌がほとんどありません。
口臭の原因である歯周病は起きてる間は普段は唾液などによって菌の繁殖が抑えられているのですが、
寝てる時は唾液はほとんどでないため口の中で大繁殖するのです。
だから朝の寝起きの口の中というのはネチャネチャとするのです。
ちなみにそれらのネチャネチャ唾液は体にもよくないそうなので飲み込まないようにしましょう。

子供の口が臭い場合、この口がネバネバしてる傾向があり、このために歯周病かどうかをある程度判断することができます。

唾液は口臭予防に非常に効果があり、口臭を抑える効果が最も強いのです。
最近はドライマウス症候群という唾液不足の人が良く出てるみたいですが、そうなると口臭がでやすくなるので
注意が必要です、
また唾液が足りなくなると、口内炎や歯肉炎にもなりやすいのは普段唾液によって抑えられてる歯周病菌が大量に増えるからです。
口臭を気にするのであれば唾液をたくさん出すようにしましょう。

ちなみに唾液を出すにはよく噛んで食べることが大事です。普段からあまりかまない人は唾液がでにくいとされています。
口臭が気なる人は一度よく噛んで唾液をたくさん出すことを意識して見ましょう。
あとは舌をたくさん動かすことは唾液をでやすくします。
唾液腺は通常舌を動かすことで刺激され唾液がでてくるからです。
口臭が気になる人の場合よく噛まない、舌をあまり動かさないということが指摘されてることからも舌を動かし、
唾液を出すことは重要なのです。